スターピープルの使命とは

トップページ > スターピープルの使命とは

スターピープルはどうして地球にやってくるの?

遥か遠い宇宙の彼方から長い長い旅を経て地球へと転生してくるスターピープルたち。彼らはどんな使命を受けてやって来るのでしょうか?

彼らがわざわざ地球へとやって来る目的は引っ越しでも観光でも、もちろん侵略でもありません。彼らは近い未来に訪れようとしている地球の危機を救うという使命をもって転生してきているのです。
その使命に自覚を持っていない者もいますが、彼らは幼い頃から"自分には成すべきことがある"という漠然とした使命感を持っています。

今から何百年も昔、宇宙連合の司令官であるアシュタールは地球が過剰に発展した科学技術によって滅ぶ未来を予知しました。その時の地球は文明と呼べる物もなく、人類の精神性は全く発達していませんでした。当時の人類は動物的な感覚に支配され同種族間での争いを繰り返す野蛮な種族だったのです。

しかし、アシュタールは人類の内に眠る高い波動の魂と霊的な資質に気付き、人類を救う計画を立案しました。そこでアシュタールの計画に賛同し、自ら協力を名乗り出たのがスターピープルたちなのです。

スターピープルは色んな星からやって来る

スターピープルとは異星からこの星へ転生してきている異星人の総称で、実際は様々な惑星の種族から成り立っています。そして、各種族毎に異なる特徴を持ち、性格や得意とすることも違うのです。

例えばアンドロメダ系のスターピープルであれば、好奇心旺盛で自由を愛し、過去世で培った技術を現世に活かすことに長けていますし、シリウス系のスターピープルであれば、誠実さと自然を重んじる戦士として振る舞い、とっつきにくさはありますが決断力に長けているのでリーダーとしての適性を持っています。

他にも、最も優れたエンパシー能力を持つプレアデス系のスターピープルや、知識と探求を何よりの美徳とするアルクトゥルス系スターピープルなどがいますが、いずれも地球を救うという使命のために転生してきたことは変わりありません。

この星でライトワーカーとして活動しているスターピープルたちは種族の壁を乗り越え、力を合わせて任務に当たっているのです。

スターピープルと人類の歴史

スターピープルが転生という形で地球へやって来るようになったのは比較的最近で、約50年程前から地球へ転生を始めました。しかし、スターピープルと人類の関係はそれよりもずっと昔から続いています。

彼らが初めて地球を訪れたのは紀元前3000年のエジプトであったと言われています。当時の人類の文明は非常に原始的で、とてもアセンションが可能な状態ではありませんでした。そこでスターピープルたちは人類を段階を踏んで導き、アセンションが可能となる精神レベルまで引き上げることにしたのです。

精神レベルを高めるには、高度な自意識とそれを培う文明の発展が必要不可欠。そのため、スターピープルたちは人類に新たな知識と技術を授け、人類史の発展を支えてきたのです。

世界各地に伝わっている古代の建築物のほとんどはスターピープルから授かった技術によって建築されたと考えられています。その証拠に、当時の文明からは考えられない高度な工法や複雑な計算が建築に用いられています。