スターピープルとは?

あなたは『スターピープル』という言葉を耳にしたことがありますか?

スターピープル(スターシードとも呼ばれます)とは滅びゆく地球を救うため、地球外の惑星や銀河系からやってきた選ばれた勇士達のこと。彼らの司令官であり、アセンデッドマスターの1人であるアシュタールとの契約に自ら志願した彼らは気高い魂と特別な能力を持っているという特徴があります。

スターピープルは地球を救うという使命を果たすため同じ星の人間として転生していますが、転生したばかりのスターピープルはみんな記憶と使命を失った状態で生まれてきます。つまり、異星人の魂を持つという点以外は普通の人間と変わらないのです。

しかし、記憶を失っていても魂の奥底には故郷の惑星の思い出が染み付いているので、この星の生活と故郷での生活に違和感を覚え、それが原因となり周りにうまく馴染むことができないスターピープルもいるようです。

星を救うために転生している

スターピープルの使命である地球の救済を行うためには、私たち地球人の魂をより高次の段階へと導く必要があると言われています。それは、地球が滅ぶ原因が過剰に発達した科学技術にあるからです。

人類は誕生移行、様々な技術を発展させてきました。農耕、製鉄、医療、そして科学…これらの技術がなければ今日のような生活を実現させることなど到底不可能であったでしょう。しかし、過ぎた力は自分の身を滅ぼしてしまうもの。事実、現在地球に起きている問題のほとんどは科学が原因です。

温暖化や公害、化学兵器による虐殺、生態系の崩壊など、人類は発展と引き換えに多くのものを失おうとしており、このままでは地球が生命の住めない星になってしまうのは間違いないでしょう。

そのような事態を避けるためには、人類の意識を変え、科学に依存した状態から抜け出さなければならないのです。

地球の滅亡は古代人にも伝えられていた?

科学技術によってこの星が死の星に変貌するという未来は宇宙連合司令官アシュタールによって予知された未来です。彼に協力しているスターピープルたちは惑星崩壊のシナリオを知っていますが、現代人類である私たちの中にその事実を知るものはほとんどいません。

しかし、それは私たちがスターピープルからのメッセージを忘れてしまったから。実は地球滅亡のメッセージは遥か昔の人類に伝えられていたのです。キリスト教の新約聖書に記されている最後の審判や、マヤ文明の終末予言など、時代と地域こそバラバラですが地球に大きな災いが起こることを後世に残す伝承はいくつも残っています。これこそが、過去にスターピープルによって地球滅亡のシナリオが伝えられていた何よりの証拠ではないでしょうか?

今の人類が忘れてしまっているだけで、スターピープルは遥か昔から私たちの星を救うために行動してくれているのです。